健康な髪の毛とは

美しい髪の毛をつくるための知識や髪の毛の構造について説明

美しく健康的な髪の毛

髪の毛の美しさを表現す言葉には、健康的で美しい、サラサラしている、コシがある、艶があるなど数多くあります。健康的で美しい髪の毛は、髪そのものに張りがある健康的な状態を言います。一般的にお手入れが行き届いている髪の毛が(パサつき、ベトツキ、枝毛、切れ毛、抜け毛など傷みがない)健康な髪の毛と言われています。

髪の毛にはたんぱく質、水分、弱酸性のバランスが大切

髪の毛の水分の99%がたんぱく質で、たんぱく質が少なければ髪の毛は衰えます。たんぱく質はほとんどが食物から摂取していることから、過度のダイエットや体内の栄養バランスが悪いと、髪の毛にダメージを与えてしまいます。また、しっとりとした髪の毛には水分が必要です。

髪の毛の水分は、髪の組織のコルテックスという部分に蓄えられるといわれていますが、髪の毛の体積の10~15%の水分量がしなやかな髪の水分量といわれています。また、髪の毛の性質は、PH(ペーハー)4.5~6.5程度の弱酸性と言われます。健康的な美しい髪の毛は、髪の毛のたんぱく質、髪の毛の水分、髪の毛の性質の3つをバランス良く保つことがとても大切です。

美しい髪の毛をつくるには頭皮(スカルプ)のお手入れも大切

頭皮は皮脂量が多く、乾燥しにくい部分です。そのために頭皮には細菌が繁殖しやすく、かゆみも起こります。頭皮のケアを怠ると毛根に皮脂がつまり、新陳代謝がうまくいかなくなります。また、頭皮の血行が悪くなると、毛根に栄養が行き渡らず、脱毛がひどくなってしまいます。ですので、美しい髪の毛をつくるには、頭皮(スカルプ)のお手入れが一番大切と言えます。

髪の毛の構造について

頭皮の構造は、皮膚の構造とほぼ同じです。髪の毛は3層になっていて、一番外側がキューティクル、真ん中がコルテックス、一番内側がメデュラです。キューティクルは内側のコルテックスに含まれる水分やたんぱく質が流出しないようにします。

キューティクルは摩擦に弱く、摩擦を繰り返すとすぐに剥がれます。その為、傷んだり、剥がれると枝毛の原因になります。キューティクルは髪の毛にとってとても大切な部分なのです。

キューティクルは再生しない

キューティクルははがれると、保水力は落ち、髪はパサつき、枝毛も増え、たんぱく質も減り、うるおい張りもなくなります。もちろん、髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていきますが、一度はがれたキューティクルは二度と戻らないので、美しい張りとツヤのある、健康な髪の毛を保つためにキューティクルをいたわりましょう。

女性なら誰しも理想のシチュエーションでプロポーズされたいと思ったりしますが、期待とは裏腹になかなかプロポーズしてくれない…
相手はもしかしたらタイミングを見計らっているのかも。
そんなプロポーズをするきっかけの日になればと制定されたのが「プロポーズの日」です。

詳しくはこちら:プロポーズの日について