カラー&パーマ後のケア

髪が傷みやすいと言われるカラー&パーマ後のヘアケア方法について説明

カラーリングについて

カラーリングはいくつかの方法があり、ブリーチ(脱色によって髪の色素をおとす)、ヘアカラー(脱色と染色同時に行う)、ヘアマニキュア(色は抜かずに表面に色を付ける)が良く使われます。このうち、脱色を行うものは、メラニン色素を分解し髪内部の結合をほぐすことになるので、髪のたんぱく質が流れ出てしまいます。これに比べてヘアマニキュアは、脱色をしないで着色するので、傷みは少なく髪のためには一番いい方法です。ただし、シャンプーなどで色落ちするので、1週間?1ヵ月程度しかもたないという欠点があります。

カラーリング後は弱酸性でいたわる

カラーリングをした後のシャンプー、リンスあるいはトリートメントは、なるべく弱酸性の、髪の毛に近い成分のものを使いましょう。カラーリング用などがありますが、こういったものの中から自分に合うものを選んでください。

ヘアーパーマについて

ヘアーパーマについてのカテゴリでは髪の毛を美しく保つ髪のお手入れとしてヘアーパーマをかけたときのケア方法などを公開しています。

パーマは髪の毛に悪い?

パーマは髪そのものを変えるのではなく、頭皮から出ている部分をウェーブ状態にすることなので、根本的なダメージを受けるわけではありません。ただ、薬液や熱、乾燥によって髪を傷めやすいので、きちんとした美容室、安心できる美容師がいるところでパーマをかけましょう。パーマ時間のタイマーセットがルーズな美容院は、期待できません。

パーマをかけたらアフターケアが大切

パーマをかけた髪は傷みやすいので、ケアもいつも以上に丁寧にしなければなりません。特に乾燥タイプの人は保湿効果の高いトリートメントやコンディショナーを使うのがいいでしょう。髪に潤いを与えるという意味でリンスよりトリートメントをおススメしますが、週2?3回程度の使用で十分です。それ以上行ってもあまり効果は変わらないからです。