美しい髪の毛とは

美しい髪を維持するための基礎知識を紹介

美しい髪の毛は髪質を知る事から

頭皮には脂性タイプと乾性タイプがあります。脂性タイプは、髪の毛や頭皮が脂っぽくフケがベタッ湿った感じがします。乾性タイプは、髪の毛や頭皮やフケがパサパサと乾燥しています。季節や温度、湿度も髪の毛の乾燥に影響を与えます。

いつも同じタイプの髪質とは限らないのです。常に状態を気にかけチェックし、季節によってシャンプーの種類を変える事も必要です。自分がどのタイプの髪の毛なのかを調べてみましょう。

細い髪の毛は傷みやすい?

髪の毛の太さは人それぞれです。かなり細い場合0.05ミリ、剛毛といわれる人でも0.18ミリ程度です。太いと強い、細いと弱いというイメージがありますが、いちがいには言えません。細いから弱く傷みやすいということはありません。あくまでも髪の毛の状態が大切です。

直毛とくせ毛の違い

髪の毛そのものの質と形状は、遺伝の要素が高いです。直毛というのは毛根部分がまっすぐになっているもの、くせ毛は毛根が斜めや曲がっているためといわれていますがまだはっきりしていません。直毛とくせ毛は毛の形状も違い、断面を見ると直毛は丸く、くせ毛は扁平になっています。

髪の毛の状態を知ることも大切

自分の髪質がわかったら、次は現在の髪の状態を知ることが大切です。髪のつやや手触りは、体調によってもずいぶん違います。また、季節や天候によっていも微妙に違います。今、髪に何が不足しているかを正しく見極めてケアしたいものです。

髪の毛のダメージチェック

髪が元気かどうかを手軽な方法でチェックしましょう。1本の髪の毛の中央を親指と人差し指で挟んで、左右にすべらせます。健康なキューティクルは、毛先に向かってウロコ状に並んでいるので、中央から根元へは、指が滑りにくくひっかかるはずです。もし、軽く滑ってしまったら、ダメージヘアの可能性があります。