円形脱毛症と白髪について

円形脱毛症や白髪の原因やケア方法について説明

円形脱毛症について

健康な髪でも、洗ったりブラッシングをすれば抜けるものです。これは、髪の生え変わる周期にそって起こる現象なので問題はありません。脱毛症はこの周期が一度に起こってしまう病気です。加齢による女性ホルモンの減少のための脱毛とは違います。最近の女性の円形脱毛症の原因はストレスによるものが多く、これは、生活環境を変えたり、精神的な悩み事などのケアも必要となります。ひとりで悩まず、専門家に相談してみるといいでしょう。

脱毛斑は数・原因なども様々

円形脱毛症は自覚症状が無いので知らないうちに進行していきます。複数できることもあります。原因はストレスだけではなく、無理なダイエット、過労や不規則な生活など、体力の低下が肌に悪影響をおよぼすのと同様に脱毛も引き起こすことがあります。

円形脱毛症は医師の指示に従い気にしない

円形脱毛症は、そのままにしていても通常は半年ほどで治ります。時には進行して拡大することもありますが、治療は医師にまかせ、自分ではあまり考えないようにしましょう。今の生活状態をチェックし食事にも気を配ってください。予防には、1日1回指やブラシでタッピングやマッサージをして、頭皮に刺激を与えましょう。

セルフチェックのポイント

円形脱毛症にならないためにセルフチェックをしましょう。

  • ダイエットといって、アンバランスな食事をしていないか。
  • 忙しすぎて、睡眠不足になっていないか。
  • つまらないことで、くよくよしていないか。
  • 運動不足になっていないか。

一つでも当てはまる場合は注意し改善しましょう。

白髪について

白髪は、髪の毛根の毛母の色素細胞が衰え、黒いメラニン色素が作れなくなって起こります。髪の老化現象である白髪は個人差がありますが、疲労やストレスと関係あるもののすべてではなく、遺伝的なものです。若白髪も遺伝的なもので、毛母の色素細胞が早くから衰えてしまって起こります。

白髪は抜かないほうがいい

白神を抜かないほうがいい理由は、同じ毛穴から生えている白髪を抜き続けると、毛根がダメージを受けて、髪が生えてこなくなる可能性があります。また、白髪はそのままではなく、なんらかのきっかけで、黒く戻る可能性もゼロではなく、ストレスで増えたものなどは、環境を変えたら戻ったという事例もあります。ですので、抜かずに、気になるようならカラーリングをするといいでしょう。