女性の髪のトラブルに関する基礎知識

薄毛に悩まれる女性にとって知っていてほしい知識

薄毛が気になる女性のための薄毛対策

女性の薄毛は髪の毛にボリュームが出なくなったり、髪の毛が細くなって薄毛が始まります。髪に張りやコシがなくなってきたり、髪の毛がボリュームが出なくなってきたと感じたら薄毛対策が必要と言えます。

その薄毛対策として知られる育毛剤ですが、女性の薄毛は男性の薄毛と仕組みが異なるため、男性用の育毛剤でなく女性用の育毛剤を選ぶことが大切です。また女性用の育毛剤でも、髪の質や頭皮の状態などご自分の体質にあった育毛剤を選ぶことも大切と言えます。

髪が成長する夜の過ごし方

毛細細胞は夜の10時頃から深夜2時ぐらいに増えるといわれています。この髪が成長する時間帯に頭皮を清潔にして就寝することが、育毛に大切なことと言えます。もちろん、髪だけではなく、体全体の健康面からも大切なことと言えます。

また髪を洗うのは夜に行うことを心がけたいものです。夜にお風呂をはいらない女性も多いようですが髪の毛をいたわる意味でも、また体全体をいたわる意味でも就寝前にお風呂にはいりましょう。いずれにしても、育毛にとって大切な事は規則正しい生活を送ることと言えるでしょう。

育毛はじっくり根気強く

薄毛対策や抜け毛を減少し、発毛を促進するには、毎日の生活習慣の改善、そして自分にあった育毛剤を正しくしようすることが大切と言われます。

髪の毛の成長は、一般的に一ヶ月に1cm、産毛なら一mm程度と言われ、髪の毛の伸びるスピードは決して早いと言えません。つまり、薄毛対策、抜け毛を減少させるために育毛剤を使用しても、育毛効果を実感できるのは、半年から一年といった長い期間を継続させてはじめて育毛が実感できるといえます。育毛のために育毛剤を使用するときは、根気強く、そしてじっくりと時間をかけて取り組む心構えが必要と言えるでしょう。

女性の薄毛を理解しよう

薄毛や抜け毛といった髪の毛のトラブルは、男性に多い問題というイメージがあります。しかし女性の薄毛や抜け毛、髪のトラブルは悩みの深さは男性以上と言われます。

女性の薄毛や抜け毛は、ほとんどが頭頂部から全体的に髪の毛が薄くなる女性型脱毛と呼ばれ、男性の脱毛は髪の毛が抜けつのが特徴ですが、女性の場合は、髪の毛の一本一本が細くなるという特徴を持ちます。女性の薄毛は、髪の毛が細くなり、その細い毛が多くなって薄毛になるのです。

女性の薄毛、脱毛の原因

女性の薄毛、脱毛の原因は老化、ストレス、過度のヘアケア、カロリーコントロールなどと言われます。それによって、髪の毛が細くなり、張りのない細い髪の毛が多くなっていきます。

薄毛を防ぐための頭皮のマッサージについて

薄毛を防ぐための頭皮のマッサージの効果には個人差があるようですが、直接的な効果や最近流行のヘッドスパによるマッサージによってリラクゼーション効果として仕事や家事などの疲れを癒したりストレスの解消にも効果が期待できて、髪の毛に影響を与えるストレスの軽減は間接的にも薄毛予防に効果が期待できそうです。

また家でもお風呂上りに頭全体の血流をよくするように、頭皮全体を包むようにマッサージをして、頭皮の張りを柔げることは自分で出来る薄毛予防の一つと言えるでしょう。

薄毛になってしまう三大要素について

髪が薄くなったり髪の毛が抜ける脱毛など女性の薄毛・脱毛・枝毛などの髪のトラブルの原因から、予防法・治療法・ケア情報など女性の髪の毛のトラブルに関して特化した情報サイトです。髪の毛にトラブルに悩まれる女性にとってお役に立てれば幸いです。

2006年における日本では、薄毛に悩む人・薄毛の人が1200万人ほどいると言われています。その薄毛になってしまう要素、薄毛に拍車をかけてしまう要素として「ストレス」「生活習慣・食生活の乱れ」「カラーリング・パーマ」の3つの要素と言われています。

薄毛になってしまう三大要素

ストレス

仕事のストレス・職場の人間関係へのストレスなどは髪の毛によくないようです。

食生活・生活習慣の乱れ

コレステロールの過剰摂取・インスタント食品ばかりの食生活・栄養の偏りは脱毛を引き起こす要因と言われています。

カラーリング・パーマ

カラーリングやパーマは髪の毛を痛める原因でもあり、頭皮にもダメージを与えてしまうようです。カラーリングやパーマをする際には美容院で頭皮に直接触れないようにしてもうらうことも大切です。

脱毛について

女性の悩みでも特に多いのは無駄毛の処理。肌の露出が多い季節になると手入れが大変です。無駄毛の処理には様々な手法があり、家庭でも剃刀やシェーバーを使ってできますが、肌荒れや傷も心配。やはり一番良いのはクリニックでの脱毛が一番。医療脱毛ならレーザーなどで処理してもらえるので、きれいに仕上がります。